2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
赤は定休日

レーザー工房SAITO
────────────────

1.レーザー加工外注・加工品販売
2.アクリル加工品

3.スポーツマーキング
4.圧着マーク加工支援

(切り文字作製販売)
5.オーダーグッズ・
ウェアー販売

────────────────

0
0
9
9
3
3

レーザー加工

加工事例

少年野球チーム卒団記念
少年野球チーム卒団記念
表札
コルクコースター
金属への加工
檜の升への彫刻
焼印の場合は金属型を必要としますが、レーザー彫刻の場合は必要ありません。
パソコンで作成したデザインデータを出力すると、プリンターのように照射ヘッドが左右に動いて彫刻します。
ただし焼印のような焦げ具合とは異なります。木の種類によってはほとんど焦げないものもあります。
木目による焦げ方のちがい
同じ条件でレーザーを当てても(彫刻しても)表現の違いが出ます。
焦げる部分とほとんど焦げない部分が混じることもあります。
硬い木とやわらかい木があるように、天然のものなのでいろいろです。
ハート型のミニサイズネームプレート
いろいろな色があるアクリル板を使ってネームプレートが作成出来ます。
大きさ、形も自由なものを作れます。
パソコンのデータを出力すると、彫刻からカットまでが一度で出来ます。
透過色のアクリル板を使えば彫刻した文字やロゴが白く見えますので、色入れすることなくネームプレートが作製出来ます。
革サイフへの加工
革への加工の場合もやはり素材の種類によって異なります。
画像は素の革へ彫刻したものです。
焦げ目がしっかりつきますので見た目ハッキリします。
表面加工してあるものについてですが
わかり易くく言うと、表面が削られ下地が出るといったところでしょうか。

業者登録していただければ初回テスト加工をサービスさせていただきます。
※テスト用素材は持ち込みでお願いいたします。
既製品へ文字入れしたもの。

クリスタルキューブの内部へ3D彫刻する技術があります。
おみやげ物屋さんでよく見かけると思いますが、オリジナル品も作れます。
3D彫刻は外注先にて加工しますが、表面への文字入れは当工房で可能です。